「磨いているつもり、で磨けていない」を回避する、ブラッシング。 スウェーデンの歯磨き法。

 前回の記事(『なぜ、「磨いているつもりで、磨けていない」のか? 実は歯磨きに最適?! というほどでもない歯ブラシ。』)で、歯ブラシで「歯を磨ける部分」は意外に少なく、磨いても多くの歯垢が残りやすい、という内容を書きまし … 続きを読む

なぜ、「磨いているつもりで、磨けていない」のか? 実は歯磨きに最適?! というほどでもない歯ブラシ。 

 歯磨きで、「磨いているつもりで、磨けていない」は、よく聞く言葉です。 「磨いている」のに、「つもり」と言われてしまうと、 ガーン!という感じですが(笑)、 実際に、「歯ブラシ」を使って歯を磨くとき、歯の形(曲線)に歯ブ … 続きを読む

軽度から重度まで、範囲の広い歯周病。 多くの方が歯周病の理由。 

 歯科衛生士は、歯周病予防に関してプロフェッショナルなお仕事ですが、そんな歯科衛生士の口の中も、多くは歯周病の経験を持っていて、全く無縁で過ごせる歯科衛生士は少ないと思います。  先日の記事『「命を脅かす歯周病」』でもお … 続きを読む

80歳で20本の歯を残すのは、「意識」すれば意外ににカンタン

 順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生(大ベストセラー『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』を書かれた先生)は、著書 『超一流の人の「健康」の極意』で、 白い紙に点を書き、そこから水平の線を引く。いわばこれが超一流ではない人 … 続きを読む