歯を残すための知識



 歯を残すために必要なのは、そのための知識だと思います。

 「年を取ったら、入れ歯」

ということを当たり前のように感じているかもしれませんが、実はそうではありません。

高確率で防ぐことの出来る歯周病を知らず、ある程度放置してしまった方々が、歯を喪失し、入れ歯になっていることが多い、という状況に近いと思います。

 現在、日本の歯周病での抜歯は、40歳代から目立ち始め、50~60歳代で多さのピーク、
70歳代で「もう抜く歯さえ少ない」という理由で減少していき、
後期高齢者の3人に1人が「総入れ歯」を使っている状態となっています。

ただ、スウェーデンでは、80歳でも、平均残存歯数は約20本とのこと。

 この理由は、1970年代に「予防歯科」を国家的に導入したことで、
それまで日本と同数ほどあった歯周病や虫歯での抜歯数を激減させました。

これを明るい希望ととらえるか、
そのまま放置してしまうかの選択でもあるのですが、
歯周病は、歯科医院に定期的に通い、歯石除去や歯のクリーニングを受けたり、歯周病にならないよう磨き方を歯科医院で聞いて歯垢を減らすこと等(予防歯科)が出来れば多くを防げる病気。

ただ、国家的に予防歯科を取り入れていない日本で、高齢になっても歯を残すことができるかどうかは、
このこと(予防歯科)が大切であることを知っているか、という個人の知識と意思にかかっていて、
そのことを知っている方々だけが、歯科医院に定期的に通い、
歯を残せている、という現実があります。

 30歳代の約80パーセントは歯周病、といいますが、予防できる磨き方を知らなかった場合、
ある一定年齢以上になると、歯周病は、本当に高確率でかかる病気です。

歯を歯周病で失わないためには、「何も調子の悪くないとき」に、歯科医院に定期的に通うのが、大きな保険、
場合によっては決め手になる、という感じだと思います。

 歯を残すのに必要なのは、まず歯科医院に通うこと、という単純な第一歩です。

今は、知識を持っている方も増え、
「どこも調子が悪くないんですけど、歯石を取ってもらおうと思って」 というような予約は、全く珍しくありません。

 何も調子が悪くないとき、健康なときに歯科医院に行き、ケアをしてもらうことは、

「歯を失ってから、入れ歯やインプラントに時間とお金をかけ、さらに噛めない不自由な思いもしてしまうか」、

「健康なうちに先手を打ってケアに通って予防に努められるか」、の選択だという知識が有り、現実をお知りになると、

多くの方が健康なウチに歯科医院に通うことを選択されます。

 どこも調子が悪くない、虫歯にかかったこともない、という方もぜひ、
(30歳代以降の方にはものすごく強く、ぜひ!

「どこも調子が悪くないんですけど、歯石を取って貰いたいと思って…」 とか、

「どこも調子が悪くないんですけど、歯のクリーニングをしてもらいたいと思って…」

という電話を歯科医院にして、
予約を取って通い、定期的に診てもらうといいと思います。

オススメ記事。

● このブログの肝? 歯を長く残すために、とても重要なポイント2つです。
『友歯科衛生士の、長い年月、ご自分の歯を残すためのブログ』

歯垢をより多く落とし、歯周病を防ぐブラッシング方法の一つ
● 『「磨いているつもり、で磨けていない」を回避する、ブラッシング。 スウェーデンの歯磨き法。』


コメントは受け付けていません。