「フロスちゃん」 子供用のフロスで、歯と歯の間から発生する虫歯を防ぐ。

 

 子供の虫歯は、歯と歯の間から多く発生します。

そして、ここから虫歯の穴があく。

一見キレイな乳歯ですが、

IMGP6453 point2

 歯の側面。 歯と歯の間の部分から見ると、虫歯が発生。 
大きな穴になっています。
(抜けてから保管している間に、虫歯の周りの歯の部分がかけてしまいましたが、
口の中にあるときは、一見、虫歯のないキレイな形の歯。 外見からは見えにくい歯と歯の間の接触点から穴が開いていました。)

IMGP6459 point

 ちなみにもう片方の反対側の側面は虫歯もなく、キレイでした。
 ↓

IMGP6463 point

 

 さて、この歯と歯の間にある虫歯菌(歯垢)。
これを落とし、そこからの虫歯を防ぐように磨ける、子供用のアイテム。
「フロスちゃん」。

IMGP6449 point

 

かわいい名前なのでもう一度。

「フロスちゃん」。

(「ちゃん」つけただけのような気も…。(笑))

 正確には、「子供用 Flossちゃん」

IMGP6451 point

 以前の記事、『なぜ、「磨いているつもりで、磨けていない」のか? 実は歯磨きに最適?! というほどでもない歯ブラシ。』にも書きましたが、
結局、歯ブラシで汚れを落とせる部分は限定的。
歯と歯の間には、(人が歯垢を落としづらい、掃除しにくいなどという事情はおかまいなしに)遠慮なく、歯垢(菌)がたまります。

そして、磨かれない期間が長くなるほど、菌の無法地帯のようになって、
たまにフロスをかけると、奥の方からとれた汚れがすごい臭いを発していたりする。

歯磨き自体をイヤイヤしている状態で、歯間までは厳しいかもしれないのですが、
磨いても痛くないこと、安心して磨かれて大丈夫なことを体感させ、
歯と歯の間の歯垢を落とすことは、虫歯予防に効果があり、フロスちゃんは歯と歯の間の歯垢が、よくとれます。

 

 さて、このフロスちゃん、ポイントは柄についたクマ、
と、思いきや、
実は、ココ。

IMGP6450 point

 この長さが、子供サイズ。
(ピンクのマーキング)

 これが大人には小さくて使いづらいわけですが、
子どもにはジャストサイズ。

 

 フロスの糸自体は大人と同じでも構わないような気がするのですが、
この幅が、大きいと口に入りづらいので、
子供用を使う意味は大きいと思います。

 ちなみに、お子さんには「ワンタフトブラシ」もおススメ。
こちらは、大人用と同じブラシの大きさで構わないと思うので、ぜひ、併用して使われてください。
(こちらの記事。 『「磨いているつもり、で磨けていない」を回避する、ブラッシング。 スウェーデンの歯磨き法。』

 

 歯ブラシだけで歯垢を落とすように乳歯を磨くのは、意外にも至難の業。

子どもの虫歯は、歯と歯の間や歯の溝から多く発生します。

ぜひ、そこを意識されて隙間や溝を磨くように、
フロスやワンタフトブラシを使って磨かれてください。

 歯磨きと言えば、歯ブラシだけ、という方も最近はだいぶ減ってきました。

 大人になるとかかりやすい歯周病での抜歯を、それほど気にしなくてもいい年齢の子どもたちにも、虫歯はあります。

歯と歯の間を磨くアイテムやワンタフトブラシなどを使って、
病気にかかってしまう前に、未然に防ぐ。

よい健康習慣で幸せに過ごしていただけたら、と思います。

口臭、一番強いのは、朝。 対策は、「朝食を食べる」こと。

 口臭には、体が健康な状態でも誰にでもある生理的な口臭と、
全身的だったり、口の中だったり不健康なところがあって発生する病的な口臭、
その他に心因的口臭(思い込み)、外因的な口臭(飲食や煙草等)などがあるそうです。

口臭を気にされている方はとても多いそうで、
先日テレビで、一般歯科から口臭専門の歯科に変えたところ、遠方からも患者様が集まるようになり、その需要の多さが放送されている番組がありました。

 実際に口臭から全身の病気があると察知でき、検査して見つかった、というようなケースもあるそうです。

本当に口臭が気になる方は、まず、ご自分の口臭の原因を、口臭外来のある歯科医院で調べてもらうのがいいと思います。

 

 さて、歯科衛生士が関わることが多いのは、その中で歯周病に関する口臭や、清掃が行き届かないために臭ってしまうものなどですが、

まず、人の口臭が一番強い時間帯は朝だそうです。

唾液の分泌が寝ている間に減少するため、自浄作用が少なくなることと、
それにより菌なども増殖しているなどの原因が考えられますが、
朝、寝起きにご自分の口臭が気になる方も多いかと思います。

口臭データーのグラフでは、寝起きに一番強い口臭が、朝食を食べることで激減します。

唾液の分泌が促進され、一日の活動、体内が目覚めて新陳代謝が起こり始めるということだと思います。

 口臭の気になる方は、歯と歯ぐきの境目。
歯周病の口臭などは、そこから膿などの臭いが発生しています。
歯周病の気になる方はとくに歯垢を落とすようにそこを細かく磨くこと。
歯石がありその表面にあいた穴(顕微鏡でみると軽石のようになっています)そこが菌の住み家になって、歯磨きしても臭いが取れないということもあるので、
歯科医院で歯のクリーニングをしてもらうこともとても大切です。

 

 そういえば、歯科衛生士学校の学生の頃、講義を受けた歯科医師の先生の歯科医院では、
こんなふうにいつもキレイにしている歯科衛生士の口臭を、毎朝必ず先生がチェックする、とおっしゃっていました。

(正直、そんな風に毎朝チェックされるのは、私ならプレッシャーかも。
朝食は、何がなんでも絶対に食べると思います。(笑))

 

「(これだけキレイにして清掃しても)それでも口臭はあるんです。
生理的な口臭で仕方がないんです。」
とおっしゃっていました。

 誰にでも口臭はありますが、それが人に不快感を与えるほど強いものだったり、
病的なものだったり、心因性(自分で口臭がしている思い込む)だったりすることが問題なのだと思います。

 朝食を食べ、歯磨きをし、歯科医院で歯のクリーニングをして、それでも口臭の気になる場合、
「口臭外来」のある歯科医院、
診療科目をチェックして、「口臭」をあげている歯科医院に行って診てもらうと、
心因性の場合は安心できると思いますし、歯周病だったり全身の病気などを早めに見つけてもらえる可能性が高まります。
専門的に分析し、解決していただくのがいいかと思います。

虫歯予防の習慣に大切な夜の時間帯。 寝る前の口の中の状態に注目、これをよくすることで虫歯を予防します。

 以前、息子が甘い炭酸飲料を飲んだ直後、
「じゃ、寝るね」、と言いました。

寝る前に、つい何かを飲んでしまうことは誰にでもありがちですし、
水とかお茶とか普段は緩い感じで、私もさほど真面目に注意してないわけですが、

この、何気ない日常の一言に、衝撃を受ける母。(私)

えっ? 
今?
このタイミングでっ?!!

 そう、これは、歯科医師や歯科衛生士なら絶対にとらない、
禁断?の行為。
歯科衛生士の母(私)にとっては、「衝撃」です。
(というほど、スゴいものでもありませんが。(笑))

 何はともかく、甘い炭酸飲料を飲んだ直後に寝るのは避けるのが無難です。

 虫歯や歯周病などを防ぐには、歯科医院に通ってプロのケアを受けるなど、
ご自分一人ではなかなか難しい部分がありますが、
それでも、とりあえずこのラインぐらいの予防はご自分でも出来るという、
基礎的なセルフケアの知識があります。

意外に知る機会が少ないかも知れないので、今日はその一番分かりやすそうなところで、具体的に実践しやすいところを書いてみたいと思います。

 まず、ポイントは「寝る前」、夜です。

就寝中の口腔内は、唾液の分泌が少なくなり、
甘いものを食べて、「酸性」に傾いた口の中(虫歯になりやすい状態)が、
起きているときほど短い時間では、中性に戻ってきません。
(酸性に傾いた口の中は、通常、唾液の自浄作用により数十分かけて中性に戻ってきます。)

この口の中が酸性なった時間が長いことが、虫歯の大きな原因、
そのため甘いものをダラダラ長い時間食べ続けたり、唾液の分泌が少なくなる寝る直前に甘いものを食べて寝てしまうことは、
口の中が酸性に傾いた状態が長時間続くことになり、虫歯になるリスクが高まるといわれています。

これを回避するためには、甘いものを食べる時間を短時間で切り上げたり、
「寝る前」には口の中を酸性にする食物、特に甘い飲料などは避けることが大切です。

 もし、食べてしまった場合には、口をゆすいでなるべく早く中性に戻すように努めましょう。

 歯を磨いていただくのがお勧めですが、
だいぶ昔、NHKのためしてガッテンという番組で、水を一杯飲んで寝るだけでも、酸性から中性への戻り方は、飲まなかったときよりも早くなるという実験結果を見たことがあります。

 また、睡眠中は歯垢など口の中の菌なども増殖するので、
寝る前に歯磨きをしておくことが、口の中だけではなく全身の病気を予防することにつながります。

 一日の中で絶好のタイミングなので、夜は欠かさず歯磨きをして寝る習慣を大切にされると良いと思います。

 

儲けようとする歯医者さん?

 このサイトには「アクセス解析」というものが付いているのですが、
それで、みなさんが何の検索キーワードで来られたかが分かるようになっています。

で、気になるのが、
「歯医者さんは儲かるのか」系のキーワード。(笑)

グーグルサジェスト(グーグルの検索画面にある、キーワードを途中まで打ち込むと、続きをコンピューターが予想して、検索が多いキーワードを候補に挙げるようになっている機能)でも、

「歯医者」と打ちこんだだけで、
「歯医者 儲かる」、「歯医者 儲からない」…、と候補があがり、さらに、
「歯医者 儲からない 」 などと候補が上がったりする。(笑)

 自分の通う歯科医院が、儲けようしているのかしていないのか、
気になる方が多いようです。

たしかに、自費の被せものの歯などはとても高額で、
(一本数万円~十数万円など)
少しでも安くならないかな、と思う。
その気持ちは、よ~く分かります。
(私も一家の主婦。)

一本ならともかく、二本になれば掛ける2。
三本になれば掛ける3…、と、とんでもない額になる。

 でも、お茶碗でもプラスチックではなく陶器(セラミック)のものを使う方が多いように、
歯も保険のプラスチックではなく、自然な輝きのある陶器(保険外 自費)にしたい、と思われる方は、多いと思います。

保険での治療は白い歯にするならプラスチックなど材質が決まっているので、
純粋にキレイな陶器(セラミック)の歯を入れようとするなら保険外(自費)で、それなりの金額はかかります。

そして、実際に歯科医院は保険より保険外(自費)の被せものの方が儲かるので、
患者さんの指摘も外れてはいない、というところです。
ただ、歯科医師や歯科衛生士自身が治療した時に、前歯に保険の物を入れるか、というと、
多くが保険外(自費)を選ぶと思います。

これは見た目の違いもありますが、歯の治療は再治療をなるべくさけ、
治療回数を減らすことで、自分の歯自体を減らすことなく、長く持たせることができるので、
保険治療のプラスチックなどが経年的に変質したり再治療のケースが多いというリスクを知る歯科関係者は、自分の歯には保険外(自費)のものを使いたいと思うからだと思います。

 さて、自分たちには保険外(自費)のものを使う。
本当はそんな事情もあるのですが、それでも、患者様に自費を勧める歯医者さんは、
「儲けようとする歯医者さん」だと思われ、ブラックな印象にとらえられてしまうことがあるようです。

ここに敏感になられている多くの患者様方のお気持ちは、当然、歯科医院側もよく把握しているので、
「保険治療」を前面に打ち出した説明をしたり、
必要以上に儲けようとしていない、ということを強調して患者様を安心させようとすることが、よくあると思います。

ただ問題は、

 保険治療 イコール 安価な治療ですが、

 保険治療 イコール 良い治療とは限らない、

ということ。

 金銭的な面での支払いは、あくまでも患者様のご判断ですが、
(ここ、無理して困られるのが一番よくないので、本当に自己判断で。)
歯科医院も、儲けようとして勧めているばかりでもない、ということはご理解いただいて、
納得いかなければセカンドオピニオンをつけるなど十分に調べられ、
ご自身が納得して満足できる治療を受けられるのがいいかもしれません。

80歳で残存歯20本を残す。 8020運動は、「まず自分」と思えば、実はカンタン。

 8020運動、というのが現在行われています。

80歳で20本の歯を残そうとする運動で、厚生労働省や歯科医師会が推進しています。

これ、推進財団を作り力強くすすめて、実際、残存歯数は増えてきているのですが、
逆に言うと、まだ現在、日本の80歳の平均残存歯数が20本に満たない、ということです。
(いまは約10本。 これでも増えました。)

 で、これだけ聞くと、もしかしたらご自分が80歳で20本の歯を残すのは、とても難しいのではないか、という気持ちになられるかもしれません。

 ただ、実はカンタンな方法があります。

 それは…、

えー…、

あー…、

(もったいぶらせてみました。(笑))

 

「抜けがけ」します。

 なんですとっ?! という感じですが、(笑)

「抜けがけ」します。

 8020運動のカギは、多くの方に「歯周病は予防できる病気で、
その予防法を実践することによって高齢になっても多くの方が歯を残せる」、という事実を周知し、その方法をお伝えして実践していただくことです。

 これを出来るだけ多くの人に伝えて実践してもらうことにより、日本の80歳での平均残存歯数の数も増えていきます。

 これがカンタンにいかないのは、「多くの人」に伝えなければいけないこと。

 実際に歯周病にかかる年齢層の方は、学校に通う年齢層でもなく、
(だいたい30~40歳ごろからは、知っていただきたい。)
集団でどこかに集まる、ということも少ないので、一斉に伝えて理解していただく機会が少なくなり、
結果、日本全体での平均残存歯数は、なかなか増えにくい状態になります。

 ただ、これを患者様「個人」として考えてみると、
多くの方の歯を残そうとする厚生労働省や歯科医師会と違って、非常に身軽。

 まず、自分から救われてしまえばいい。

ぷら~、と予防歯科に行き、定期検診、歯のクリーニングやケアを受けるなど、
歯科医師や歯科衛生士の管理下に入るだけで、
ご自分の80歳での残存歯数は、劇的に増える可能性が高まります。

 ご自分の健康は、ご自分しか守れない、ということだと思います。

 歯医者さんには、みんななるべく行かないのでは? とか、
何も症状もないのに歯科医院に行っていいのかな、とか、
実は、少し古い感覚なので、
ぜひそこは抜けがけして、キレイな歯科医院に気軽に通院していただきたいと思います。

 とも歯科衛生士さんのような、おば…優しい感じの歯科衛生士さんがお待ちしているかもしれません。(笑)

 その際はぜひ、若い歯科衛生士さんだけではなく、とも歯科衛生士さんにも、
優しくお声がけください。
(一日一善。(笑))

 人の体はそれぞれ違いますし、体質もあり、ブラッシングで上手くいかないところもあり、必ず残せるとは言えませんが、
歯と歯ぐきの境目にある汚れや菌を歯科医院の機械で定期的に落とし、
歯科衛生士さんに、毎日のブラッシング方法を聞いて歯垢を落とすように磨くと、
80歳で、ご自分の歯でお食事をできる可能性は高くなります。

 もし、自費でのブラッシング指導を勧められたら、
「チャンス!」と思って喜んで受けられることをお勧めします。

ブラッシング指導を自費でおススメしてくれる歯科医院は良心的。
保険で虫歯の治療をしていたほうが儲けが大きく、
患者様に「自費をすすめるなんて、儲けようとしているのでは?!」などとあらぬ疑いをかけられる心配もないので、
おススメしてくれる歯科医院の方が少数派で、あまりないチャンスかもしれません。
(コチラの記事。 『歯科衛生士目線で思う、良い歯科医院。 ②』
変な話、ブラッシング指導をせずに患者様の歯を抜くことになった方が、歯科医院は儲かるんです。

 知識と行動で、健康を守る。
80歳で20本の歯を残せないことの方が多い周囲に合わせることなく、
積極的に、良い抜けがけをしていただきたいと思います。