健康なときにも、歯科医院に行ったほうがいい理由



 全く調子が悪くないのに、わざわざ歯科医院に予約を入れて通院する。

その必要性。

 若くて可愛い歯科衛生士さんで、会うのが楽しみだ、という子がいる日だから行く。

「とも歯科衛生士さん」しかいない日はちょっとね…、

ということではないと思います。
(多分)(笑)

もしそうなら、私としては、ここはマスクをして半分誤魔化すしかない、というところですが、
(マスクをすると、隠れる分美人度がかなり割増になるそうです。)

そんなことを楽しみにしている場合ではありません。(笑)

 

一言で言うと、

歯科医院に行かなかった多くの方が、歯周病などで、「歯を抜歯することになることが多いから」。
ということだと思います。

 「年を取ったら、入れ歯」

ということを当たり前のように感じているかもしれませんが、実はそうではありません。

高確率で防ぐことの出来る歯周病に気づかず、ある程度放置してしまった方々が、歯を喪失し、入れ歯になっていることが多い、という状況に近いと思います。

 日本の80歳での平均残存歯数は、約10本。

永久歯は28~32本ありますから、約3分の2を抜歯したことになり、
歯が減った分食べ物を噛むことが出来なくなるので、入れ歯などをいれます。

ただ、スウェーデンでは、同じ80歳でも、平均残存歯数は約20本。

本数が少なくなる方はいらっしゃいますが、
日本より多くの方が、入れ歯を使わずに過ごせていることになります。

 スウェーデンは、1970年代に国家的に予防歯科を取り入れ、
それまで日本と同数ほどあった虫歯や歯周病での抜歯数を激減させました。

 これは、健康なうちに歯科医院に通い、歯石を取ったりクリーニングをしたり、問題の出る場所の歯の磨き方を習うなど歯垢が多くならないようにケアすることができれば、多くの方が歯を長く残すことが出来る、という現実を示しています。

これを明るい希望ととらえるか、
そのまま放置してしまうかの選択でもあるのですが、
歯周病は、歯科医院に定期的に通い、歯石除去や歯のクリーニングを受けたり、歯周病にならないよう磨き方を歯科医院で指導してもらって原因菌を除去し、減らすことが出来れば防げる病気。

ただ現在、このことがなかなか徹底されていないこともあって、
歯周病は歯の喪失原因の第一位となっています。

 

  全身でも、よく人間ドックだったり、健診というのがあり
それでいろいろな病気が見つかったりしますが、

そういう観点で言うなら、「歯周病」は、高確率で見つけてもらえる病気、そして、見つけてもらったら、

早めに知って手を打ち、歯を失わなくて良い確率が、上がる病気です。

 30歳代の約80パーセントは歯周病、といいますが、予防できる磨き方を知らなかった場合、
ある一定年齢以上になると、歯周病は、本当に高確率でかかる病気です。

スウェーデンのように国家的なプロジェクトとして予防歯科が導入されていない以上、
ここは、個人で自主的に歯科医院に通って予防歯科をするしかありません。
健康なときに予防のため、歯科医院にかかれるかどうかは、日本の場合、そのことが大切であるということを知っているかという、
個人の知識と意思にかかっている、というところです。

 健康でもメインテナンスに歯科医院に通院すれば、
歯周病を発見してもらえ、今、御自分の口の中がどういう状態なのか、
歯はこれからも残せそうか、
現状が分かり、予後が見えます。

歯を歯周病で失わないためには、「何も調子の悪くないとき」に、歯科医院に定期的に通うのが、大きな保険、
場合によっては決め手になる、という感じだと思います。

  何も調子が悪くないのに歯科医院に行くのか?
と思う、その気持ち、よく分かります。昔はあまり日本にない習慣でした。

でも今は、
「どこも調子が悪くないんですけど、歯石を取ってもらおうと思って」 という予約は、全く珍しくありません。

何も調子が悪くないとき、健康なときに歯科医院に行き、健診をしてもらうことは、

「歯を失ってから、入れ歯やインプラントに時間とお金をかけ、さらに噛めない不自由な思いもしてしまうか」、

「健康なウチに先手を打ってケアに通って予防に努められるか」、の選択だという知識が有り、現実をお知りになると、

多くの方が健康なウチに歯科医院に通うことを選択されます。

  30歳代以降などは仕事や家庭、多方面でとても忙しい時期ですが、
歯科医院でのクリーニング、定期検診はとても大切です。

 どこも調子が悪くない、虫歯にかかったこともない、という方もぜひ、
(30歳代以降の方にはものすごく強く、ぜひ!

「どこも調子が悪くないんですけど、歯石を取って貰いたいと思って…」 とか、

「どこも調子が悪くないんですけど、歯のクリーニングをしてもらいたいと思って…」

などというような電話を歯科医院にして、
予約を取って通い、定期的に診てもらうといいと思います。


コメントは受け付けていません。