世界の名品。 「バトラー#211」(歯科用)  



BUTLER#211

P1030509

P1030510

 買いました。バトラー#211。

参考価格は、1本315円。
送料無料のネットで購入。

いや~、お金書けてるね~このサイト!(って、それほどでもない…(笑))

 歯ブラシ所感を書くに当たり、バトラー#211は私てきにも、はずせない一本です。
 最初に書きたいと思って注文しました。

 たくさんの歯ブラシがありますが、その中でもバトラー#211は、いわゆる、プロが選ぶ逸品です。

◇ハブラシ全長:162mm◇毛丈:9.5mm◇毛の太さ:8mil(約0.203mm)
◇植毛3列24タフト
奥歯にも届くよう細身に作られています。

 え? どこから見ても、普通の歯ブラシ、特に工夫はないような…。
というのが、第一印象かもしれません。

 毛先もフラット(平ら)で、目に見えての違いは一見感じられません。

 いろいろな歯ブラシを試されている方なら、あのブラシにはああいう工夫が、このブラシにはこういう工夫がしてあるのに、
とくに工夫が感じられない!と思うかもしれませんが、

そうバトラー#211の特徴は、なんといっても、「歯ブラシの毛」そのもの。

一見何の変哲もない、この毛の弾力、歯垢を掻き取る毛先の感触自体、が素晴らしい。

私だけの感覚かもしれませんが、
粘りのある歯垢に対抗する、しなるような弾力で、歯垢を掻き落とす感じです。

 この軟らかすぎず、硬すぎず、柔軟で、でもしっかりと掻き落とす感じは他のブラシではなかなか見つからず、同じように磨いたら、他の歯ブラシより一瞬長く歯に残って一掻きするというか、この一掻きで歯面に付いた粘りけのある「歯垢」一気に落ちる感覚です。

毛が「しなり」過ぎるとやりづらいですが、
この「しなり」加減が、絶妙でちょうどいい。

 歯に当たる感覚がとてもしっかりしていて、かつ、しなやかな柔らかさ持っている、という両面を備えています。
その感覚を実感するのに、歯磨き粉を付けないで長く磨いて頂きたい、と思う歯ブラシです。

少し硬めの歯ブラシになるため、力を入れず、ほとんど毛先を動かさない磨き方で磨いていただきたいのですが、
バス法、スクラビング法に、向いていると思います。
(バス法、スクラビング法とはこちらから。『8, 前半 『歯周病予防』のためのブラッシング指導。ぜひ受けて頂きたいので、その様子を書いてみました。』

 毛先に細かい凹凸が付いているため、歯垢をとらえる力も強く、多くの歯垢が取れる感覚がします。

 皆様はこんなことをする必要までないかもしれないのですが、試しに、新しい他のブラシ、と、新しいバトラー#211のブラシを一度におろして、使ってみると面白いかもしれません。
 歯ブラシによって、毛の当たる感覚は面白いほど変わるものです。
 バトラーと、他のブラシを、違う歯で試し、その歯垢の落ちる感じを舌で確かめると、分かりやすいです。

 歯科衛生士としてお勧めできませんが、
口の中に少し歯垢の付いた状態だと、よりリアルに分かります(笑)。

 歯ブラシで磨いたときの、歯垢の取れ方が、とてもすっきりと歯面からはがれる感じ、磨いたあとのつるつる感が感じられると思います。

というのが、私の個人的なバトラー#211使用所感です。
と、いうことで、私の使用所感は以上ですが、

ここからは少し客観的に、バトラー#211の製品について。

 作られてからの歴史も長く、一見こんなシンプルな作りなら、あらゆるところがマネできそうなのに、知名度のある秀逸品としての地位を確立し、ロングセラーなのはなぜか?

 テレビ番組なら工場潜入とかして、その秘密にせまってみたいところです。

が、正直、工場のことまでは分かりません。(笑)

 ただ、その毛にはやはり独自の技術が使われているようです。

バトラー#211の特徴は、「テーパード・サテナイズド加工」された毛先。

 Dr. Butlerが開発した技術で、歯肉溝内にスムーズに毛先が届くように、グラインダー(やすり)で1本1本の毛先の丸い先端を、さらに先細く削っていくテーパード加工と、

プラーク除去効果をより高めるため毛先の表面をザラザラにしたサテナイズド加工することにより、歯肉溝内のプラークをしっかり除去するように、作られています。

 旧社名「J・O・バトラー社」の会社設立は1923年。本社はアメリカ合衆国シカゴ。
歯科医師であったジョン・オスカー・バトラー氏が自分のオフィスで歯科医師相手に歯ブラシを販売する事から事業を開始しました。
その後、発展しドラッグストアへ販売を始め、1980年代にはアメリカ外にも進出。
1988年に日本のサンスター株式会社により買収されて子会社となり、社名を「サンスターアメリカインク」と変更しています。

日本では「バトラー」というブランド名で主に歯科医院向けの歯ブラシの販売などを行っており、定番タイプの「バトラー#211」が特に支持されています。
取り扱っている歯科医院の他、東急ハンズなどの大手雑貨店でも入手が可能です。


※ 歯磨きには弊害もあります。 優秀な歯ブラシも力加減や動かし方、個人の症状などによって弊害の出ることがありますので、必ず歯科医院でのブラッシング指導を受けて気を付けてお使い下さい。


コメントは受け付けていません。