GC ルシェロ 歯ブラシ B-20M ピセラ (ふつう)



P1030441

P1030446

 P1030447

 歯科用。(10代の方、女性の方の虫歯予防、永久歯萌出途中、歯肉が健康か歯肉炎程度の方用。コンパクトヘッドが特徴)、
使ってみました。
通っている歯科医院の歯科衛生士さんに勧められて購入。

植毛してあるヘッドの大きさは、横9.8㎜×縦20.3㎜ 4列植毛。
毛の長さは8.5㎜(両端は8.3㎜の段差植毛)、毛の太さは5mil(0.127㎜)。

持ち運びがしやすい、歯ブラシキャップがついています。

使用所感は、「さすが歯科用歯ブラシ!小さいっ!」と思うぐらいの小ささで、小回りがききます。
奥までしっかり磨けますが、全部を全て磨ききるには時間がかかります。(笑)

 このどちらを選択するか(細かいところまで磨く、か、全体を早く磨き終えたいか)迷うところですが、几帳面な女性には細かい隅々まで磨ける、この小さめ歯ブラシが人気なのだろうと思います。

私は歯科衛生士ですが、ちょっとおおざっぱなのか、もう少し大きさがあってもいいかな、と個人的に思います。
このシリーズにはサイズもいろいろあるので、もう少し大きいサイズを選べば問題ありません。

この、細かくタイプ別(虫歯予防用、軽度~重度の各歯周病用や、毛の硬さなど)に別れていて、その患者様に最適な歯ブラシを選べるようになっているということもルシェロの特徴の一つだそうです。

 歯科用機材の大手、GCが出している歯ブラシ。「こだわり」を随所に感じます。

まずアーム(持ち手)のカーブ、確かに持ちやすい。鉛筆持ちでも、握って使ってもピッタリなじむ感じがします。
材質もラバー素材をポイントに使用し、プラスチックの滑りやすさを防止しています。
 植毛部分のすぐ下、ネック(首)の部分も細長く奥歯を磨くのに使いやすいようになっていると思います。
一番の特徴は、毛の植毛で、先端の山形になっている部分。
奥歯や細かいところ、フラット(平ら)な歯ブラシでは届きにくいところにも、毛先が当たっているのが分かります。

 実際使ってみると、この先端の山形の毛先が、他の歯ブラシと大きく違うところ。
他の毛より長いため、通常では届かない歯並びの凸凹した所に、毛先がしっかり当たってきます。
P1030784

この一番奥歯の奥側面は大変重要なところ。
こちらの記事に詳しく書いています。『7,歯周病治療のブラッシング指導を受ける際のポイント。』

 さて、他に特徴的なのは、サイドの植毛。
両サイドの毛先が、2㎜短くカットされて段になっています。
短い毛が歯面を清掃、
長い毛が歯間部まで清掃、するという段差植毛、
 数多くのデーターを検証し、実験した結果このような形になったと思われるのですが、
歯を磨くつもりで磨いていると、歯間にも同時に長い毛が入って当たる、というのは理想的な反面、歯ぐきを傷つけやすい方などには(意識しないところにも毛先が当たり)向かない場合もあるのかな、と思いました。

 毛の弾力は弱めな印象。ごしごし磨くというより、歯ぐきを痛めず、奥歯の磨きづらい所など細かいところに毛先を繊細に当てていくのに向いていると思います。

かなり「こだわり」を持って作られた、繊細な歯ブラシ、
今回私が使ったタイプは、女性と若年者向けです。

それから、歯並びが悪い方にもお勧めです。

GCの製品カタログにもこのB-20Mは『混合歯列期で萌出途中の永久歯が磨きにくい10代の方』用と載っているのですが、
10代の人に向けて作られているので少し早いかも知れないのですが、
私の個人的感想で、この歯ブラシを使うと、小学校低学年の子供の仕上げ磨きにぴったり!

 小学校低学年の子供は、歯の生え替わりの時期を迎え、乳歯と大人の歯が入り交じり、歯の萌出も途中なので高さもバラバラ、といった口の中の状態になります。

普通、子供用の歯ブラシで仕上げ磨きをするのですが、
実は、子供用歯ブラシは毛の長さが短くて硬め、柔軟な弾力が少なく、細かいところに入り込んだ歯垢を落とすのには磨きづらい歯ブラシが多いのです。

子供自身の持ちやすさや、口の中に入れたときの感覚、毛先の広がり防止、等々を追求すると仕方ないのかな、と思いますが、私自身が仕上げ磨きをするときには、使いづらさを感じていました。

で、このルシェロ B-20M。
子供のこの複雑な凹凸のある生え替わり途中の仕上げ歯磨きに、とても使いやすい。
特にブラシの先にある山形の部分が、細かい所に上手く入り込み大活躍します。
弱めに思える歯ブラシの毛の弾力も、子供には調度良く、
小さめに作られているので、大きさ的にもぴったりでした。

と、いうことで私の個人的な使用所感は以上です。

では、この歯ブラシ「ルシェロ」を作っている会社のことから、

株式会社 GCは、歯科医院で働いたことのある方ならほとんど知らない人はいないと思われる最大手、世界に進出する日本の歯科医療メーカーで、その歯科材料及び関連機械・器具は約600種もあるそうです。
1921年設立。本社は東京都文京区。世界各国に拠点をおいています。

歯に詰めている物の接着剤がGC、歯の型を取ったときの材料がGC、…など、皆さんも知らない間にお使いかもしれません。(笑)

 ルシェロは、その株式会社 GCが販売している、歯科医院専用歯ブラシ。

様々な機構を組み込んだ高機能な歯ブラシ、だそうです。

 前歯部より16年寿命が短いとされる臼歯部(奥歯)をいかに磨くか、を追求して設計され、
ブラシの材質、長さ、フォルム、毛先の加工などを細かくタイプ別に分けることによって、歯科医師、歯科衛生士がその患者様に最適な歯ブラシを選べるようになっています。

☆ ルシェロ歯ブラシの使用所感は、コチラにも書いています。
● 『最大手GCの高機能歯ブラシ 「ルシェロ 歯ブラシ」。  GC ルシェロ 歯ブラシ B-10M/S』


コメントは受け付けていません。