安心感ナンバーワン 「やわらかめ」の歯ブラシ。

 「やわらかめ」の歯ブラシは現在、お勧めされることの増えた歯ブラシだと思います。 その大きな理由の一つは、弊害が少ないこと。  歯や歯ぐきを傷つけることが少なく、安心して磨ける歯ブラシ、 今、注目の? 「やわらかめ」また … 続きを読む

歯ブラシ、同じ「ふつう」でも硬さはマチマチ。 やっぱり選ばれる、「ふつう」。

 何かを選ぶとき、「ふつう」は魅力的な言葉だと思います。 「かため」、「ふつう」、「やわらかめ」。 よく分からない時、とりあえず「ふつう」で。 日本人だからか何か分かりませんが、この一般感、守備範囲広そうな感じに惹かれま … 続きを読む

歯ブラシの硬さはどれを使ったらいいのか? 「かため」の歯ブラシの考察。 メリットとデメリット。 かための歯ブラシは、プロ仕様。 (長文)

 歯ブラシ選びでは、その硬さで迷う方もいらっしゃるようです。 歯ブラシと言えば、「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類から選ぶ。 それが当然のような時代を知っていらっしゃるかどうかは分からないのですが、 今は、硬めの … 続きを読む

「フロスちゃん」 子供用のフロスで、歯と歯の間から発生する虫歯を防ぐ。

   子供の虫歯は、歯と歯の間から多く発生します。 そして、ここから虫歯の穴があく。 一見キレイな乳歯ですが、  歯の側面。 歯と歯の間の部分から見ると、虫歯が発生。 大きな穴になっています。(抜けてから保管し … 続きを読む

ワンタフトブラシ ミクリン 「Ciメディカル ミクリン MICLIN ワンタフト」 特徴 使用所感 。

 先日、『「磨いているつもり、で磨けていない」を回避するブラッシング。 スウェーデンの歯磨き法。』、で書いた歯磨き法。  最初にワンタフトブラシを2分、その後、歯間ブラシやフロス、そして歯ブラシをかける。  日本でこれか … 続きを読む