ワンタフトブラシ 使い方



 先日、「磨いているつもりで、磨けていない」を回避するには、「ワンタフトブラシ」を使うと良いという話を書きました。
(コチラの記事。 『「磨いているつもり、で磨けていない」を回避する、ブラッシング。 スウェーデンの歯磨き法。』

 今回はそのワンタフトブラシの使い方。

 とても分かりやすく説明して下さっている動画を見つけました。

『日本口腔保険協会のホームページ、「ワンタフトブラシの使い方」』

 ワンタフトブラシの使い方は、ぜひ歯科医院で聞いて頂きたいところですが、動画も参考にされると分かりやすいと思います。

 ワンタフトブラシは各メーカーから色々な物がだされていますが、このようなものです。

P1030795

P1030797

P1030799

 歯周病予防のための歯磨きには、主にココを意識して磨きます。
(ピンクの線)

P1030439 point2

歯周病菌はココから歯ぐきの下に入り込むので、ここの歯垢(菌)をワンタフトブラシで落とすことが出来れば、
歯周病予防や治療にかなり効果があると思います。

  歯ブラシでもこの青い線の部分は磨けるのですが、
細かいところ(赤い三角の部分)には毛先が届きづらくなります。

P1030488-point2

なので、とくにこの赤い三角の部分にワンタフトブラシを入れて届かせるようにしっかり磨き、歯と歯ぐきの境目(ピンクの線)を一通りなぞるように、細かく振動させながら磨きます。

 歯の並びが入り組んで見えるところも、
とにかく、この歯と歯ぐきの境目、上の写真のピンクの線にワンタフトブラシの毛先が当たることを意識して全部磨いていけばいいと思います。

 ワンタフトブラシも、日本で一般的には、まだこれから普及というところがあり、
深く磨き方が研究されつくしているという感じではないので、
これから一般の方が多く使うようになって、弊害などがでてきたら、そうならないような注意喚起がされたり、
こうすれば汚れが落ちる、というような神業的な使い方が見つかるかも知れないのですが、
いまのところ、そこまで磨き方が追求されているというより、弊害がなく歯周病を予防できる、一般的な磨き方をお知らせしている感じかもしれません。

 歯科衛生士として思う注意ポイントとしては、ワンタフトブラシの毛先をあまり歯ぐきに強く入れこみ過ぎず、ソフトに磨くということ。

これによって、歯ぐきのすり減り等の弊害を回避します。

 また、ワンタフトブラシは、歯面に当たる毛束の先が山の形になっており、

P1030797

どの方向から歯の面に当てても、ブラシの毛先の断面が直接歯面に当たりやすくなっていて、歯垢が取れやすいという工夫がされている、優れもの構造になっているので、

P1030799

 患者様自身の歯磨き技術に頼るところが少なく、
ただポイント(ピンクの線)をずらさずに、ココ(ピンクの線の部分)に当てて磨くことが出来れば、

P1030439 point2

それだけでかなり、歯垢(菌)が取れ、歯周病を予防する効果があると思います。
(歯ブラシの毛先の断面が歯に真っ直ぐ当たったときに歯垢が取れやすいことが分かりやすい写真、参考記事。 『なぜ、開いた歯ブラシは取り替えるべきなのか?』

 ポイント(ピンクの線)に確実に当てる、ということと、
力を抜いてソフトに磨く、ということ。

ワンタフトブラシは毛先をソフトに当て、必要以上の歯ぐきのすり減りを回避すれば、
歯や歯ぐきに当たりやすい、歯垢を取りやすいブラシなので、
より安全に、使いこなせると思います。

 歯科先進国(歯周病や虫歯を多く予防できている)スウェーデンの歯磨きでは、
ワンタフトブラシを最初にメインとして使うそうです。
2分ほどワンタフトブラシを使った後に、歯ブラシ等をかけるというかたち。

使う道具は多くなりますが、
ワンタフトブラシは「磨いているつもりで、磨けていない」というような無駄な時間を大幅にカットするので、
(コチラの記事。 『「磨いているつもり、で磨けていない」を回避する、ブラッシング。 スウェーデンの歯磨き法。』
歯磨き時間がさほど長くなる、というほどでもなく、歯ブラシだけよりカンタンに歯がかなりキレイに磨けると思います。

やってみると、比較的簡単に口の中がサッパリきれいになる感じが実感できます。

 ワンタフトブラシ2分、その後、歯と歯の間に歯間ブラシ(前歯などはフロス)を通し、歯ブラシをかける。

これがとても効果的。

 予防歯科のある歯科医院に定期的に通い、検診とクリーニングをしてもらい、
普段の、ワンタフトブラシ → 歯間ブラシ(フロス) → 歯ブラシ、の順のブラッシングで歯垢を落とすことができれば、
歯周病を防ぎ、長く健康な歯を残す生活に繋がりやすいと思います。


コメントは受け付けていません。