80歳で残存歯20本を残す。 8020運動は、「まず自分」と思えば、実はカンタン。



 8020運動、というのが現在行われています。

80歳で20本の歯を残そうとする運動で、厚生労働省や歯科医師会が推進しています。

これ、推進財団を作り力強くすすめて、実際、残存歯数は増えてきているのですが、
逆に言うと、まだ現在、日本の80歳の平均残存歯数が20本に満たない、ということです。
(いまは約10本。 これでも増えました。)

 で、これだけ聞くと、もしかしたらご自分が80歳で20本の歯を残すのは、とても難しいのではないか、という気持ちになられるかもしれません。

 ただ、実はカンタンな方法があります。

 それは…、

えー…、

あー…、

(もったいぶらせてみました。(笑))

 

「抜けがけ」します。

 なんですとっ?! という感じですが、(笑)

「抜けがけ」します。

 8020運動のカギは、多くの方に「歯周病は予防できる病気で、
その予防法を実践することによって高齢になっても多くの方が歯を残せる」、という事実を周知し、その方法をお伝えして実践していただくことです。

 これを出来るだけ多くの人に伝えて実践してもらうことにより、日本の80歳での平均残存歯数の数も増えていきます。

 これがカンタンにいかないのは、「多くの人」に伝えなければいけないこと。

 実際に歯周病にかかる年齢層の方は、学校に通う年齢層でもなく、
(だいたい30~40歳ごろからは、知っていただきたい。)
集団でどこかに集まる、ということも少ないので、一斉に伝えて理解していただく機会が少なくなり、
結果、日本全体での平均残存歯数は、なかなか増えにくい状態になります。

 ただ、これを患者様「個人」として考えてみると、
多くの方の歯を残そうとする厚生労働省や歯科医師会と違って、非常に身軽。

 まず、自分から救われてしまえばいい。

ぷら~、と予防歯科に行き、定期検診、歯のクリーニングやケアを受けるなど、
歯科医師や歯科衛生士の管理下に入るだけで、
ご自分の80歳での残存歯数は、劇的に増える可能性が高まります。

 ご自分の健康は、ご自分しか守れない、ということだと思います。

 歯医者さんには、みんななるべく行かないのでは? とか、
何も症状もないのに歯科医院に行っていいのかな、とか、
実は、少し古い感覚なので、
ぜひそこは抜けがけして、キレイな歯科医院に気軽に通院していただきたいと思います。

 とも歯科衛生士さんのような、おば…優しい感じの歯科衛生士さんがお待ちしているかもしれません。(笑)

 その際はぜひ、若い歯科衛生士さんだけではなく、とも歯科衛生士さんにも、
優しくお声がけください。
(一日一善。(笑))

 人の体はそれぞれ違いますし、体質もあり、ブラッシングで上手くいかないところもあり、必ず残せるとは言えませんが、
歯と歯ぐきの境目にある汚れや菌を歯科医院の機械で定期的に落とし、
歯科衛生士さんに、毎日のブラッシング方法を聞いて歯垢を落とすように磨くと、
80歳で、ご自分の歯でお食事をできる可能性は高くなります。

 もし、自費でのブラッシング指導を勧められたら、
「チャンス!」と思って喜んで受けられることをお勧めします。

ブラッシング指導を自費でおススメしてくれる歯科医院は良心的。
保険で虫歯の治療をしていたほうが儲けが大きく、
患者様に「自費をすすめるなんて、儲けようとしているのでは?!」などとあらぬ疑いをかけられる心配もないので、
おススメしてくれる歯科医院の方が少数派で、あまりないチャンスかもしれません。
(コチラの記事。 『歯科衛生士目線で思う、良い歯科医院。 ②』
変な話、ブラッシング指導をせずに患者様の歯を抜くことになった方が、歯科医院は儲かるんです。

 知識と行動で、健康を守る。
80歳で20本の歯を残せないことの方が多い周囲に合わせることなく、
積極的に、良い抜けがけをしていただきたいと思います。


コメントは受け付けていません。