老後の「家計費」を考えておく。 「予防」で大きく抑えられる、医療費。 歯を残す方法。

 老後の家計を圧迫するもの。それは、

「医療費」。

 介護保険は40歳から支払い始めますが、これはつまり、40歳になったら「初老」ということだそうです。

「あ、私、もう老人だったんだ」と、とも歯科衛生士さんも少なからずショックを受けるわけですが、(笑)

どんなに若く見えても、木の年輪のように、確実に年齢の線は体についており、
肉体の法則のようなものにしたがって、衰えていきます。

 健康のために運動をし、栄養に気遣い、身なりに気をつかい、歯を白くしても、
それは変わりません。

 さて、こんな風に肉体に限界を感じても、

若いころからの心がけで何十万円も何百万円以上も、得をする方法は、

歯を残すこと。

 これが本当にちょっとしたことで、変わります。

少なくても40歳になったら、「歯のクリーニング」のために歯科医院に通うのがお勧めです。
その時に口の中の健診もしてもらえるので、虫歯も分かりますが、

これだけで、一生自分の歯で食べられる可能性が大きく高まります。

 

 「予防」とは、まだ何もない状態で防いでおくこと。

何の症状もないので、その時は、なぜ? お金と時間をかけて? と思いますが、
さらに、歯石を取ってもらって今までより歯肉が下がったりすると、
しないほうが良かったのかな?
と思ったりするかもしれませんが、

それは違います。

その歯石をとって、歯肉が下がったということは、
つけておけば、炎症を起こし続け、もっと下がる、ということ。
歯周病で歯を失ってしまう可能性は本当に高いです。

何が原因でそうなったのか? という、
(何が原因で歯周病になるのか)
その原因を取り除いたということです。
(歯周病を起こす原因菌、をとり除く)

 歯周病は、予防が大切な病気です。

菌が多くいれば、年齢が来るとほとんどの方が発症し、
発症して、下がってしまったあとの歯肉は、非常に戻しにくい。

無くなってしまった歯を、戻すことは出来ず、
補うようにするインプラントも、また歯周病にかかる可能性はあるので、
注意が必要ですし、
お金もかかります。

 老後の資金を全く残さない、という勇気?のあるかたは少なく、
できれば貯めておこうという方が日本人には多いようですが、
健康の貯金も、予防でできます。

これが本当に何百万円の貯金になる、
精神的な苦痛も考えると、
それ以上を優に超える貯金になりますので、

老後、病院にかかり、病院代も薬代も、交通費も必要、という状態になる前に、
今の自分が将来の自分を助ける「予防」をする、
虫歯があるときはもちろん、虫歯がなくても、歯科医院に歯のクリーニングの予約の電話をかけて、数カ月に一度、通院してみていただきたいと思います。

コメントは受け付けていません。