患者様が、歯科衛生士の指導通り磨かない理由、を考える。



 歯科衛生士は、数年間、専門の学校に通い「歯科衛生」を勉強します。

そのため、歯科衛生士の口の中はかなり歯垢の少ない状態。
いつもキレイに磨かれています。

歯科医院に勤めていれば、お昼の後は、スタッフ全員が時間をかけ、歯を磨きます。

 ブラッシング指導に入った後に、患者様が歯を磨かないことが続くと、
歯科衛生士は、「歯垢を落とす重要性が伝わらなかったのだろうか?」、「そもそも今まで歯磨きの習慣がないのか?」などいろいろ考えますが、

患者様が歯を磨かないことに対して、ともすれば批判のような気持ちがでるほど、強く疑問に思ったりします。

でも、

自分の胸に手を当てて考えてみれば分かること。

勉強が大切、と分かっていても、

あまりしなかった、あの頃。(笑)

 

「病気にならないために、歯の清掃は大切です」、という、歯科衛生士の部屋が、
今日清掃されていない。

患者様の「禁煙」を願っても、
自分は痩せたいと思いつつ、甘い物が止められない。

お医者さんに止められても、
禁酒できるかは考える。

そういうことは、あります。

自分がたまたま今、

歯磨きはしている、というだけ。

 人のアラは、よく見える、というところなのかも知れません。

さて、だからといって、歯周病になると分かっている歯垢の残る口腔内を、
磨いていなくてもそのまま放置していいか、というと、それは違うのですが、

 なぜ、患者様は、歯科衛生士の指導通り歯を磨かないのか?

相手の立場を思って考えることは、とても大切だと思います。


コメントは受け付けていません。