『クリニカアドバンテージハブラシ3列 コンパクト』(ライオン株式会社)使用所感。 市販品ですが、歯科医院専用歯ブラシに負けない、優れた磨き心地。



 歯科医院で歯科衛生士がお勧めする歯ブラシは、歯科専用歯ブラシであることが多く、
私も市販の歯ブラシをお勧めすることはあまりなかったのですが、
市販品で、歯科専用歯ブラシに負けない磨き心地。
優れていると感じた歯ブラシ。

「クリニカアドバンテージ 3列コンパクト歯ブラシ」

 繊細で、歯垢もよく取れ、とても磨きやすかったです。

 特徴は、薄型ヘッドで歯ブラシの先端や、ブラシの付いているプラスチック部分が薄く、かつ、スリムなこと。
横幅もスリムですし、厚みも薄く、歯の細かい部分、また奥まで行き届く。
そして行き届いた部分の歯垢が着実に落とされる弾力のある毛の作りになっていることです。

歯ブラシで歯垢を落とすのには、この毛の持つ「弾力」がとても大切だと思うのですが、まずこれが優秀で歯の隙間など、細かいところまで毛先が自然に届き、
さらに、小さくスリムな形状で歯ブラシ自体が奥まで行き届いて磨けるようになっている。
歯の一本一本に毛が密着して、普通に磨いていている感覚でも自然に落とされる歯垢の量が多い、という感じです。
(「弾力フィット毛」と歯ブラシパッケージ裏に書いてありましたが、まさにそんな感じでした。)

えー……、
なんとなく、漫画「美味しんぼ」を思わせる詳しめな解説になってきましたが、
(美味しんぼの食レポ。「なんだこの豊潤でコクのあるそれでいて後味のスッキリした…」みたいな(笑))
まあそんな感じです。

 ふらっと立ち寄った、大衆向けのお店。(市販品)
ここが美味しくてビックリ!というような感じだったかも。
(歯科専用歯ブラシばかり使っていて、無意識の中にもこだわりの作りはやはり専門というような考え、思い込みがあったのに、高いクオリティに驚きました。)

 また、歯ブラシを持つ柄の部分、グリップ部は鉛筆を思わせる六角形の形。

細くて、取り落としやすく、最初は持ちにくいのではないか、と気になったのですが、

これが逆転の発想。

小さなお子さんや高齢者の方々には、確かに持ちにくく落としやすい一面があるかもしれないのですが、
六角形の形が持ったとき手にフィットし、力加減を調節したり、的確な場所に当てるのに向いていて、この歯ブラシに相応しい「繊細さ」があります。

例えば歯科用器具の柄は細いものが多く、その中の一つであるミラーなどは、これと同じように細めの六角形の形をしていたりするのですが、
この形により繊細な動きができ、患者様の口腔内を見たり、組織を触ったりするのに向いており、
さらに、触った口腔内の状態が持ち手に伝わって、触診に向いていたり、操作しやすいのですが、
この歯ブラシの柄にも同じような原理が使われていて、
細めで繊細な持ち手であることによって、操作しやすく、細かく隅々までキレイに磨ける。
六角形の形も持ちやすく、ラバー状の素材が張り付けてあることで滑りにくくなっていました。

 歯科医院専用歯ブラシは、「歯科」の専門メーカーが歯科医師、歯科に精通している職業の方々が考えて作られていることが多い歯ブラシで、
細かい部分の歯垢まで取れる優秀なものも多く、
歯科医院に勤務している歯科衛生士の多くは、そちらを使います。

今はネット販売で買えますが、それ以外の販売先の多くは「歯科医院」。歯科医院に行かないと売っていないという流通の仕方が一般の人に買いづらいのですが、
販路を広げることよりも、構造にこだわって作られる感じで、お値段お高め。

今回の歯ブラシ、『クリニカ アドバンテージ 歯ブラシ』(ライオン株式会社)は、市販品で一般のスーパーマーケットでも手に入る販路の広さと、お値段も歯科医院専用歯ブラシよりお安め、リーズナブルなのですが、
磨いてみて、まず感じたのが「繊細さ」。
歯科医院専用歯ブラシ?と思ったぐらいの細やかさでした。

 ただ、細やかで歯垢がよく取れる優秀な歯ブラシであるがゆえ、
狭い隙間にも、歯ぐきとの境目にも深く毛先が届き、
間違って使ってしまうと、歯ぐきがすり減ったり、歯磨きでいろいろな弊害もでてくる可能性があるので、
歯磨きの際にはぜひ歯科医院に直接通って、歯科医師、歯科衛生士さんの指導の下に磨かれてください。

毛先は、一番最初だけ、歯ぐきにヒリついた感じがあったので、細めなのかもしれません。
(普通の方より歯ぐきがヒリつきやすい? 友歯科衛生士さんの記事。『「テーパード毛」(極細毛)の歯ブラシの使用所感』

 弊害のでないように力を抜いて細かく気をつけて磨いても、
隅々まで行き届いて歯垢の落としやすい、磨きやすい歯ブラシだと思いました。


コメントは受け付けていません。